【アニメ】『えんとつ町のプペル』信じて信じて信じぬけ(ネタバレ無し)

映画
『映画 えんとつ町のプペル』公式サイトより

『えんとつ町のプペル』

原作・脚本:西野亮廣

今日もえんとつ町は黒い煙でモックモク。

黒い煙りで覆われたえんとつ町の人たちは、青空を知らない、輝く星を知らない。

それどころか、黒い煙の向こう側の話をしようものなら笑い者。信じようものなら囚われ者。

そんな閉ざされた町で、外の世界を夢見る少年『ルビッチ』と、ハロウィンに現れたゴミ人間『プペル』の出会いから大きく物語は動きだす。

「なぜ星を夢見てはいけないのか?信じてはいけないのか?」

えんとつから空を見上げ、星を探すルビッチ。

笑われても、社会に目をつけられても星を信じるルビッチ。そのルビッチを純粋に信じるプペル。

信じる、いや『信じぬく』ことで動きだすルビッチとプペルの希望は、えんとつ町の人々を突き動かす。

『信じて、信じて、世界を変えろ。

クラウドファンディングにより資金を募り、約4年の月日をかけて制作された絵本『えんとつ町のプペル』。

5000部でヒットと呼ばれる絵本業界で、西野亮廣の想いが45万部を超える異例の数字を叩きだした。

もう一歩踏み出したい…そんな心を一押ししてくれる感動の冒険物語。

『映画 えんとつ町のプぺル』予告1【12月25日公開】

↓↓これイイよページ↓↓

↓ブログ村に登録しています。ポチッとするとゴミ人間Qが喜びます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント